JPDA定例会予定

JPDA定例会予定

「有床義歯学会Japan Plate Denture Association (JPDA)」の定例会などの予定です。開催日時開催場所講演内容などの確認にご利用ください。会員の皆様の、学びたいという思いに応えることのできる講演内容となっています。

2016年

4月24日(日) JPDA台湾講演会 亀田、山崎、佐藤、齋藤 台北医学大学
7月30日(土) 2016年度第一回JPDA定例会   秋葉原UDX
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
午前 教育講演 Dr佐藤:吸着義歯
DT遊亀:パーシャルデンチャー
午後 会員発表  
11月26日(土) JPDA定例会第二回例会   秋葉原UDX
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
地図
午前 教育講演 Dr齋藤:ゴシックアーチ
DT岩城:デンチャーカラーリング
午後 会員発表 Dr三宅:口腔乾燥症への対応
Dr相澤:総義歯装着者の味の問題
DT須藤:下顎吸着を活かしたオーバーデンチャーの製作
DT森永:総義歯製作 私の原点は即時義歯
DT今田:CAD/CAMを使用したRPDメタルフレームの可能性
DT小田垣:未定
Dr古谷:スプリントデンチャー・咬合と審美 2回で改善
Dr飯田:新義歯装着後の機能変化と生理的変化
詳細はこちら(PDF 271KB)
11月27日(日) 第1回有床義歯学会学術大会・設立総会 東京医科歯科大学MDホール
〒113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
地図
詳細はこちら(PDF 2.69MB)

2017年

3月4日(土) International Suction Denture Meeting in Tokyo
3月5日(日)
2016年度第3回定例会
午前 教育講演 Dr.松下:総義歯製作のベーシック
DT野澤:重合
 
午後 会員発表 及川 直人:学びを活かすために
平栗 布海:規格模型および等脚台形法を用いて考察した、無歯顎者の顎間関係の推測
守口 直:日本人のスマイルについて
亀遊 宏直:内冠の形態(ガルバノ)
高久 勝太郎:Willis法の精度を上げるために考えた工夫
小林 貞則:訪問歯科診療の総義歯作製におけるラボサイドからの比較と分析
永田 一樹:総義歯のアンダーカットへの対処法を再考する
7月9日(日)
2017年度第1回定例会
午前 教育講演 Dr.亀田: IOD
DT小久保:吸着のための各個トレー
午後 会員発表
Dr.湯田:
喉頭全摘後に嚥下困難感がある症例に対するFD作製と摂食嚥下リハビリテーション
DT佐野:
就寝時の総義歯装着の効果についての1症例
Dr.中:
症例からフィードバックする上顎吸着の要点
DT安池:
マウントの重要性について(テクニカルエラーを避けるためにすべき事)
DT石澤:
CADCAM歯科技工の現状報告
Dr.徳富:
これまでつくってきた総義歯と今後つくりたい総義歯
Dr.松下:
「暗黙知の明示化」の手法に基づいた義歯臨床技能マニュアル作成の試み(共同研究者:山本、矢嶋)
Dr.遠藤:
ハイジニックRPDの23年経過
10月9日(月・祝)
2017年度第2回定例会
午前 教育講演 山崎 史晃先生:吸着のための舌側辺縁形態を考察する
須藤 哲也技工士:インプラントオーバーデンチャー製作の考え方
午後 会員発表
DT 神山 大地:
咀嚼機能検査キットグルコセンサーGSⅡ使用し咀嚼能力を判定した症例
Dr.植村 晃一:
可視化時代におけるコンベンショナルデンチャーの展開
Dr.山中 佑介:
コピーデンチャーを使用して義歯を新製した1症例
Dr.鈴木 宏樹:
訪問歯科診療にて上下顎全部床義歯を作製した1症例
11月23日(木・祝) 第2回 有床義歯学会学術大会 東京歯科大学 血脇記念ホール(東京・水道橋)

詳細はこちら

2018年

3月11日(日)
2017年度第3回定例会
午前 教育講演 Dr.鈴木 宏樹:有床義歯とオーラルフレイル
Dt 生田 龍平:「パラタルバーの設定位置を脳活動から考える」-その他の患者疑似体験も含めて-
UDX Gallery Next-1
(東京・秋葉原)

詳細はこちら
(PDF 158KB)


午後 会員発表

Dt 橋本 直樹:3Dプリンターを用いたRPD製作法
Dt 岩城 謙二:プロビジョナルデンチャー・ツイン法による新たな高品質義歯を目指す会員発表を募集します。
Dr.齋藤 善広:CAD/CAM時代の人工歯排列の基準
Dr.前畑 香

7月8日(日)
2018年度第1回定例会
午前 教育講演 Dr.松丸 悠一:義歯臨床に必要な解剖学
Dt 小田垣 享:総義歯2級咬合の排列
富士ソフト
アキバプラザ
セミナールーム1
(東京・秋葉原)

詳細はこちら
(PDF 1.0MB)

午後 会員発表
Dr.市川 正人:下顎総義歯最終印象とその評価基準
Dr.匠原 健:顎骨壊死患者に閉口機能印象を用いて総義歯を作製した1症例
Dr.稲村 和俊:治療用義歯を用いて患者に寄り添った補綴治療を行った一症例
Dr.大滝 絵梨花:~e Denture~プロビジョナルツイン法の初めての経験
Dt 中川 隆宏 :重合精度を求めて
10月14日(日)
2018年度第2回定例会
午前 教育講演 Dt 森永 純 :義歯製作における歯科医師と歯科技工士の不可欠なコミュニケーション 完結編
Dr.相澤 正之:BPSの現状 in Japan
富士ソフト
アキバプラザ
セミナールーム1
(東京・秋葉原)

詳細はこちら
(PDF 0.99MB)

午後 会員発表 Dr.道振 義貴:タッピング法を併用したゴシックアーチ描記法はエラーの少ない咬合採得を可能にする~吸着義歯実習を通じて学んだこと~
Dr.上山 哲矢:上顎骨欠損患者の顎義歯について印象採得を工夫した一例
Dr.北條 幹武:上顎総義歯の維持・支持向上のための取り組み
Dt 佐藤 大介:転覆しないために交叉咬合排列を用いた一症例
11月3日(土) 第3回 有床義歯学会学術大会 東京歯科大学
血脇記念ホール
(東京・水道橋)

詳細はこちら
(PDF 94KB)

2019年

2019年3月3日(日)
2018年度第3回定例会
海外の先生と合同で吸着義歯ハンズオンデモ  
2019年7月7日(日)
2019年度第1回定例会
午前 教育講演 Dr.西原 茂昭
DT増子 大助
エントリーはこちら
午後 会員発表 未定
2019年11月4日(日)
2019年度第2回定例会
午前 教育講演 Dr.船江 剛史
DT今田 裕也
エントリーはこちら
午後 会員発表 未定
2019年12月15日(日) 第4回 有床義歯学会学術大会 御茶ノ水ソラシティ
カンファレンスセンター

有床義歯学会の活動記録はこちら

上に戻る